彼女居ない歴=年齢の自分でも勇気を出して行動してみた結果…

出会い系サイトアプリのワクワクメールを通じての出会い。彼女居ない歴=年齢の自分でも勇気を出して行動してみた結果… せきらら生アンケート
出会い系サイトアプリのワクワクメールを通じての出会い。彼女居ない歴=年齢の自分でも勇気を出して行動してみた結果…

世の中には様々な出会いがあります。
そんな出会いの中から、出会い系サイトアプリを通じての出会いにスポットを当てたブログです。

何もしなければ出会わなかった・・・
出会い系サイトアプリに出会い、出会い系サイトアプリか~と、何もしなければそのまま・・・

よし、アカウントを登録してみようかな!

その些細なきっかけと行動が、あなただれかの運命の出会いになるかもしれません。
そんな運命の出会いを見つけた方を探し、口コミアンケートを行いました。

「せきらら生アンケート 出会い系サイトアプリでの異性との出会い」と題しまして、シリーズとして読者の皆様へお届けいたします。

彼女居ない歴=年齢の自分でも勇気を出して行動してみた結果…

出会えないわたし、異性を求めているわたし

30歳独身、都内で会社勤めをする中、元同級生や同僚が休みの日に彼女とデートに行っただとか、結婚しただとかを聞き流しながら生きていました。

実は、お恥ずかしい話ですが生まれてこの方彼女ができたことがありませんでした。
このままズルズルとこのまま何の出会いもないまま、虚しく人生を終えなければならないのではないかと考えては日々あせりながら、そのあせりを仕事をすることで忘れてきました。

そんな中、一番付き合いの長い友人からの結婚式の招待状が届いたとき、このままではいけないとはっきりわかりました。かといって、いきなり街コンや合コンで女性と対面して仲良くなれるなんて考えられず、とりあえずめぼしいマッチングアプリに登録し、気になる女性にメッセージを送り続けていました。

しかし、あまりめぼしい相手が見つからず、たまに返事が返ってきても単なる冷やかしでしかなく、ほとんどのアプリを退会することにしました。

きっかけ、出会い系サイトアプリとの出会い

そんな中、たまたまワクワクメールという出会い系サイトアプリを見つけ、「これもどうせ他のアプリと大差ないだろうけど…」と半ばあきらめ気味に利用しはじめました。

これまでの経験から、相手がどの程度本気なのか、単にからかいにきているだけなのか。どの区別が少しは突き出したころに利用し始めたのですが、自分だけがそうなのかはわかりませんが、おふざけでの利用者に当たったことがなく、みな恋愛に対してある程度真剣に取り組んでいるのが解りました。

それを見て、自分も心を入れなおし最初は簡単なやり取りから、段階を踏んで深いところまでやり取りができるような方とも出会うことができました。

ワクワクメールで運命の出会い

その中でも自然にやり取りができる女性と出会い、ある時「実は自分は、彼女居ない歴=年齢の男なんだ」と告白することにしました。大抵の女性は「気にすることないよ」と返事をしながらも、内心ではなにか相当な問題を抱えた男ではと思われてしまい、結局は疎遠になってしまうことがあったのですが、彼女は違いました。

まず、自分がそんな状況であるということで相当深く傷ついていることを指摘されました。
たしかに、自分ではコンプレックスに感じていたとは思いますが、実際には自分が想像する以上に心が傷ついていたのです。

それに気付かされてからも、彼女は自分が気がついていなかった多くの内面的な問題と、それでも腐らずに働いてこれたことをほめてもらえました。こんな女性は、今まで出会ったことがありません。「なんとしても、彼女と直接会って話がしてみたい。」いままでに感じたことのないほどの衝動に駆られ、自分の本音を正直に彼女にぶつけました。

ワクワクメールを通じて出会った、その異性との関係

そうして紆余曲折あり、実際に顔を合わせて食事をすることになりました。
当然、当日はいままでに感じたことのないほどにがちがちに緊張し、両足が震えていました。
たしかに、メッセージをやりとりし理解が深まったのは事実ですが、実際の自分を目の当たりにして、彼女はどう思うだろうか、残念に思われないだろうかと、おびえていました。

そんな中、やってきた彼女は自分を見るなり緊張していることを見抜き、大笑いしていました。はたからみれば、30のおっさんが足を震わせながらド緊張で突っ立っている様は笑えるものがあるのは解ります。

自分も、そんな彼女を見て自然に大笑いしていました。
そして、その時から緊張が一気にほぐれ、予約した店に着くまで、今日はどうやってきたのか、いきなり顔合わせで怖くなかったのか等、取り留めのない話を続けていくうちに、自分には彼女しか居ないのだとなぜかハッキリと理解できました。

そこから今まで、彼女とは付き合いを続けており、彼女には内緒のままプロポーズのタイミングをうかがっているのが現状です。

あの時、勇気を出して行動したからこそ、今があるのだと思います。
たとえ「彼女居ない歴=年齢」であったとしても、そんな自分を肯定して前向きに恋愛しようという勇気を持てば、必ず結果がついてくると思います。

コメント